選択的介護の協定式が終わりました!

ということで、ようやく色々と動くことができるようになりました!
こちらのブログでも弊社の選択的介護(混合介護)のモデルを、発信してまいります。

選択的介護って何?

介護保険内のサービスと、介護保険ではできないサービス=保険外サービスを、柔軟に組み合わせるサービスです。
多様なニーズに応えることにより、住み慣れた自宅での生活をできる限り送り続けることができるような制度の1つです。
まぁとりあえずざっくりと今日はこんなところで。

とりあえず協定式について

小池百合子都知事が来るとは聞いていたものの、本当に今日の今日までは分からなかったので、来た時は「おー」という感じでした。

協定式の感想一発目がこれでいいのかどうか(笑)
予想外に報道関係がたくさんいまして、社長の下地もどうやら緊張していた様子。
「小池都知事の後ろにいたから、常に(カメラで)抜かれているから、ちゃんとした顔してないとね」だそうです。
そのせいで怖い顔をしておりました。

そんでこれからっていうと

本当に始まるのが8月からなので、それまでいかに分かりやすくお客様に説明できるか、検証に検証を重ねていきまーす。
マルシモはICTを使った見守りサービスも行います。そのデモンストレーションも行う予定でおります。


いやーこれまで一年以上をかけて行政を含めて練りに練ってきました。
使いやすく、安心できる選択的介護になるように、これからも様々な関係機関と協力してまいります。




乞うご期待!

0 件のコメント :

コメントを投稿