豊島ブログ Vol.12 ~来ました!データで見るマルシモ!~


INFORMATION
LINEアカウント開設しました!→こちら

10月シモラボ導入編 受付中!→こちら


マルシモホームヘルプサービスの藤原です。

4度目の投稿になります、どうぞよろしくお願いします!

今回もまた、「データで見るマルシモ」と題して、「介護の仕事を探している人」にマルシモがどんな会社なのか、個人情報を含まない範囲で「データ」でご覧いただきたいと思います。


■ データで見るマルシモ

第1回目は、ご利用者様の男女比を見ていただきました。マルシモは「男性の利用者が比較的多い会社」であることがわかりました。
第2回目は、ご利用者様の「要介護度別の比率」を見ていただき、「要介護状態区分が中重度の利用者の比率が比較的多い会社」であることがわかりました。
第3回目は、「マルシモが提供しているサービスの内訳」を見ていただき、「生活援助のみのサービスよりも身体介護のサービスの比率が高い会社」であることがおわかりいただけたかと思います。

今回は、少し趣向を変えてみます。



■ 利用者ごとの支援量

ご利用者様一人ひとりを見てみると、週に1度しか訪問しない方もいれば、土日祝日問わず毎日訪問する方もいます。一日に1度しか訪問しない方もいれば、一日2度、3度と訪問する方もいます。

訪問頻度の少ない方と、訪問頻度の多い方の違いは何だろう?前々から気になっていました。

まぁ、要介護度によって、要介護1の方よりも要介護2の方、要介護2の方よりも要介護3の方のほうが、ヘルパーによる支援をより多く必要とするんだろう・・・とは思っていました。要介護度別の区分支給限度基準額(単位)がそうなってますから。

それで、ちょっと調べてみる気になりました。

■ 下のグラフをご覧ください

マルシモホームヘルプサービスの平成27年7月実績データを使いました。

まずは横軸・・・、一番左が「要支援1」、その隣が「要支援2」で、一番右が「要介護5」です。それから縦軸ですが、ご利用者様の人数です。箱が縦に高くなるほど利用者数が多い、という意味です。

で、問題は「奥行き」です。一番手前が「S」、その奥が「A」、一番奥が「E」となっています。

意味不明ですよね。

実は、「支援量」をランク付けしたモノなんです。「S」は「Sランク」のつもりで、ヘルパーによる支援の量が一番多いランクという意味です。一番奥の「E」は「Eランク」のつもりで、ヘルパーによる支援の量が一番少ないランクという意味です。

わかりにくくてスミマセン・・・。

ちなみにランク分けは「一週間に提供したサービスの単位数の合算を求めてSからEの6段階に等分したもの」です。「訪問回数」というよりは、「どの程度訪問介護員の支援(単位)を必要としたか?」といった意味合いになります。


■  なにがわかったの?

グラフの左奥を見てみると、要支援1や要支援2、要介護1、要介護2の方は、ランクの低い方ばかりです。週に1~2度程度のご利用といったところです。自立度が比較的高い方々ですので、ヘルパーが介入する量は少なくなるのも頷けます。ところが要介護3を超えた辺りから、グッとランクの高い方が増えてきます。いわゆる「中重度」とカテゴライズされる方々です。

確かに、要介護度によって訪問頻度に違いはありましたが、どうやら「要介護2」と「要介護3」の間で大きく変わるようです。

ちなみに、Sランクになると、一日2~3回毎日ご利用・・・といった感じの方々になります。

■ そういえば・・・

平成27年度介護報酬改定に関する審議報告(平成27年1月9日)」には、次のように明記されていましたね・・・。

○高齢者ができる限り住み慣れた地域で尊厳を持って自分らしい生活を送ることができるよう、「地域包括ケアシステム」の構築に向けた取組を進める。

1.中重度の要介護者や認知症高齢者への対応の更なる強化
・・・など


あぁそうだったのか・・・納得です。

あくまでもマルシモホームヘルプサービスの、ある月の実績だったのですが、「介護福祉士などスキルを持った訪問介護員のニーズが増える」とともに、「中重度の要介護者になると、グッと必要とされる援助の"量"が増える」んですね。

もちろん、アセスメントとご利用者様の課題に基づいて検討された、「計画」に則ったサービス提供の結果ですが・・・。

地域全体で中重度の方への対応を強化し、安定して継続したサービスを提供し続けることが求められているのだということを、改めて感じました。

■ 最後に

自分たちの行った仕事をデータに落として、表やグラフにして、客観的に見直すこと・・・、個人的には好きなんです・・・漠然と思っていたことの「根拠」が見えてくるモノですから。こうしてブログに載せるために整理してみて、自分の会社の強みや弱みが見えてきた気がします。

介護の仕事を目指している皆さんにとっても、マルシモホームヘルプサービスってどんな会社なんだろう?強みは何だろう?ということが伝われば幸いです。

4回に渡り「データで見るマルシモ」と題して投稿させていただきました。
今回で「データで見るマルシモ」は終了したいと思います。
最後までご覧いただきありがとうございました。


0 件のコメント :

コメントを投稿