マルシモブログ番外編 ~今月のシモラボ導入編!~

今月の導入編は
『排泄介助、オムツ交換』です。


今日は欠席者もあり、久しぶりの少人数でしたので
みっちり実技演習をしていきました!!!


介護ベッドはもちろん、テーブルに毛布を敷き計3ヶ所に分かれオムツ交換を実施
各場所にマルシモスタッフが加わり、皆さんと一緒に演習していきます。

ただオムツを付けるだけではなく、
付けられる方もそれぞれ体験して貰います

いざ付けられてみると、
「なんかゆるいな~」とか、「凄いしっくりくる!!」
ってほんとに分かります!!

参加して下さった方の中には、
「凄いフィット感!!!凄い!!!」
と清々しい反応が(^O^)


実技の前には講義もありますが、
そこで講師の元松先生がおっしゃっていた事を紹介します。

「オムツを丁寧に早く付ける技術はもちろん大事。ただオムツの中に排泄をする事は人間にとってアブノーマルなこと!
テープ式のオムツ ⇒ リハビリパンツへ ⇒ リハビリパンツ ⇒ 普通の下着+尿取りパットへ ⇒ ポータブルトイレの導入 ⇒ トイレでの排泄
いかにノーマライゼーションな状態にしていくかを介護従事者は常に考えなければならない」


改めて訪問介護職という立場において気付かされる、刺激となる言葉でした。


明日も同じくシモラボ導入編です!!


ホームヘルプサービス豊島 山田

0 件のコメント :

コメントを投稿